症例4

  • H・Kさん 54歳 男性
  • 主訴:坐骨神経痛
  • 経過:

    3月末に急に立てなくなり、整形外科でブロック注射。痛みがなかなか治まらず、4月末から5月中旬まで20日間入院。
    診断は腰椎4-5番の椎間板ヘルニアとの事。退院後、薬を減らしたが痛みが治まらず来院。鍼灸・整体で順調に回復していたが、仕事が飲食業で立っている事が多く、無理をしてしまい再発。再入院後に来院。

  • 診断:左ねじれ型
  • 結果:

    再発の為、治りが遅いが回復に向かう。
    痛みが軽減されると、つい動いてしまう方は多いが、痛みが無い事と治癒が必ずしもイコールでない事もあるので、十分気を付ける必要がある。